2018年4月19日(木) 松永明子 feat.Dr.Wakamiya

松永明子

〈ヴォーカル/ピアノ〉

神戸市出身。TVやラジオのCMソング(サンテレビ日曜天気予報(お菓子の里丹波))やサウンド・ロゴ、NHK神戸のJAZZ Liveに出演。全国誌「Jazz Life」(2009年9月号)に異例のデビュー前掲載される。2009年、ピアニスト若宮功三氏とユニット「松永明子feat.Dr.Wakamiya」を結成。また、あおい輝彦、尾崎紀世彦らのコンサートツアー 森口博子銀座スウィングLive、麻丘めぐみ&あべ静江ディナーショーなどにコーラス&キーボード奏者として参加。若宮功三と共に「ソング・セラピスト」「平成のカーペンターズ」としてホテル、コンサート、ライブなど、精力的に活動中!

若宮功三

〈ピアノ〉

ニューヨークにて、デビット・サンボーン、スティーブ・ガッド、ウィル・リー、ジャニス・シーゲル(マンハッタン・トランスファー)、シーラ、レイ・チャールズ、ミンガス・オーケストラなどなど、全米を代表するミュージシャンとのアルバム制作、また国内では阿川泰子、あおい輝彦、麻丘めぐみ、森口博子、尾崎紀世彦、五輪真弓、西城秀樹、研ナオコ、TARAKO、門倉有希、小椋佳、ペドロ&カプリシャス、上田正樹など数々のアーティストをサポート。コンサート、ライヴ・ハウス、CD、音楽制作などで活躍。2009年より、音楽業界期待の新人、松永明子と共に活動を開始。

2018年4月21日(土) Yumi Godsey

Yumi Godsey(ユミ・ガッドシー)

〈ヴォーカル〉

10歳からアメリカで育ち、15歳でアメリカ人の義父のバンドでカントリーを唄い始める。1981年にNashvilleのプロダクションからスカウト受け、1988年までNashville, Tennesseeで修業しながら様々なタレント活動(モデル、ヴォーカル、舞台役者など)を行う。◆1989年に熊本のカントリーシンガー、チャーリー永谷氏に呼ばれ日本に帰国。1989年にスタートした熊本の大イベント「Country Gold」の第1回目と1990年の第2回目に「キャノンボール」の一員として出演。27回目となる2015年には、ソロ・アーティストとして3回目の出演。以後、バンド活動をしながら、レストラン、テーマパーク、クラブなどで唄い、ラジオのDJ、スポーツのオフィシャル・コート・アナウンサーなどの仕事をする。◆2005年に関西に移り、2007年に「Tumbling Dice」、2010年に「Monkey Business」を結成。Countryや Rockを主に色々なジャンルに挑戦する。同じく2010年に天野SHO氏とアンドレ佐藤氏と共にベースギター、ドブロ、ボーカルの3人ユニット「Pinky Blue」を結成。◆2013年6月にキングレコードからリリースされた「Legend of Rockers」のCDにコーラスとして参加。(VOWWOWの山本恭司、外道の加納秀人、Naniwa Expressの清水興などが参加)。◆同じく2013年にRowdy Godseyを結成し、Hard Rock Cafe大阪や、Hadows Steak Restaurantなどで定期的に出演中。◆2014年12月にソロCD『Unlimited Woman』をリリース。◆2015年秋に発売予定の葛城ユキのCDにコーラスと英語のアドバイザーとして参加。同じく2015年12月には原宿Crocodileで「Flower Travellin’ Band」のドラマー、和田ジョージ氏プロデュースのライヴで、スーパーメンバーと共にメインボーカルを務め、2016年の7月に同じメンバーでライヴが決定している。◆2016年7月13日に2枚目のソロCD、『Door To Your Heart』をリリース。同じく8月に熊本へのチャリティーCD、『春は来る』をリリース予定。
《好きなアーティスト》
Carrie Underwood、LeAnn Rimes、Shania Twain、Linda Ronstadt、Anne Murray、Emmylou Harris、Eric Clapton、The Eagles、Sheryl Crow、Bonnie Raitt、Bette Midler、etc

マスター

〈ギター弾き語り〉

 
1965年、岐阜県大垣市生まれ。13歳の時に出会ったビートルズに衝撃を受けギターを始める。14歳の時、同級生と組んだバンド「ローリー・ポップス」で初めてビートルズのカバー・ライヴを経験。その後、親友の美人のお姉さんの影響でビートルズに深入りしていく。一方で「かぐや姫」「風」「さだまさし」など日本のフォーク/ニューミュージック、原田真二、charなどの日本のロック、「レッド・ツェッペリン」「クィーン」などの英国系ロック、「ジャーニー」などのアメリカン・ロックなどを節操なく聴いて青春を過ごす。大学時代に「スターダスト★レビュー」に出会ってからは根本要さんに憧れて唄い続け、現在に至る。会社員時代にはレストランやイベントなどで弾き語りライヴを開催。現在は、自分の店「Uncle Jam」や近隣のお店、地元のイベントなどで唄わせて頂いています。

2018年4月28日(土) マスターの弾き語り〜スタレビ★ナイト番外編2

マスター

〈ギター弾き語り〉

 
1965年、岐阜県大垣市生まれ。13歳の時に出会ったビートルズに衝撃を受けギターを始める。14歳の時、同級生と組んだバンド「ローリー・ポップス」で初めてビートルズのカバー・ライヴを経験。その後、親友の美人のお姉さんの影響でビートルズに深入りしていく。一方で「かぐや姫」「風」「さだまさし」など日本のフォーク/ニューミュージック、原田真二、charなどの日本のロック、「レッド・ツェッペリン」「クィーン」などの英国系ロック、「ジャーニー」などのアメリカン・ロックなどを節操なく聴いて青春を過ごす。大学時代に「スターダスト★レビュー」に出会ってからは根本要さんに憧れて唄い続け、現在に至る。会社員時代にはレストランやイベントなどで弾き語りライヴを開催。現在は、自分の店「Uncle Jam」や近隣のお店、地元のイベントなどで唄わせて頂いています。

2018年4月29日(日) ウキウキ・レレレ

Franky

〈ウクレレ・ジャズ弾き語り〉

2008年よりウクレレを始め、T.T cafeの中村たかし氏に師事。得意のジャズボーカルによるウクレレジャズ弾き語り。近年、三線も始めました

池田ひろみ

〈ウクレレ弾き語り/朗読〉

ふんわり朗読とウクレレ弾き語り🎵音楽と朗読のコラボイベントを主催しています。大阪・神戸方面でゆる~く活動中!

渡部 純

〈ウクレレソロ/ジャズギタリスト/アレンジャー〉

ギタリスト,ウクレレプレイヤー,アレンジャーとして神戸中心に活動。ヤマハ音楽教室ギター、ウクレレ、バンドコース講師。ボーカルのサポートなどでも活躍。ウクレレの普及や演奏に熱心で、ライブや交流会もされ親しまれている。

[イベントホスト] 脱力音楽研究会

〈ウクレレ・ジャズ・トリオ〉

 ウクレレ、ギター、ベースという編成で、まったり、ゆったり、ジャズ・スタンダードやポップスを演奏する。どんな曲を演奏しても、ゆるーい"なごみ系"になってしまうところが強みでもあり、悩みでもある。2008年の9月ごろ、ヤマハのイベント「ウクレレ・ナウ」出場のため、さかがみともこと、さかがみきみひろが、ウクレレ・デュオとして結成。20093月には三木楽器・新響楽器主催の「Duet 2009」コンテストに出場し、新響楽器予選を通過してセミ・ファイナルに出場。相前後してベーシスト天王寺谷達将を加えて、毎月「岡本アリオリオ」のライブに飛び入り出演。8月には岡本サマーフェスティバルに出演し、買い物帰りのおばさんたちに好評を博す。その後、2010年から阪神間のカフェ、レストラン、ブティックで定期的なライブ活動を展開中。

2018年5月4日(金) 愛SelKen/Black's

ぴんからKenちゃん

〈ギター/ヴォーカル〉

 
全国アコースティックギターローカルネットワーク「戦うオヤジの応援団」にハンドルネーム「Ken」で加入。その関西sp西宮で世話人をする傍ら、老人ホーム出前演奏や、街やお店のイベント等に参画。唄は、昭和歌謡・演歌・フォークなど。昨年末、甲状腺ガンを克服し少しづつ復活。今年8月よりピンで活動する時のハンドルネームを「ぴんからKenちゃん」として活動再開。
 

愛SeiKen

〈昭和歌謡〉

前身の「愛ちゃんバンド」(「戦うオヤジの応援団」メンバーによる即席バンド)を経て、201412月に固定メンバーによるバンド『愛SeiKen』を結成。懐かしの昭和歌謡を中心に、演歌、フォークを織り交ぜ、ライブバーや、街のイベントに積極的に参加している。

Black's

〈アコースティック・ブルース・デュオ/from 愛媛・宇和島〉

2013年に宇和島で結成したブルース・デュオ。宇和島、松山を中心にライブ活動を行う。2014年にはオリジナル・アルバム『俺たちの挽歌~1959年製スーパーマシン~』を発売。島村楽器主催の第1回アコパラ(※)ではエリア・ファイナリスト。2016年に開催された第2回では見事エリア・ファイナル・グランプリに輝き、全国大会に出場。8月よりオリジナル曲がカラオケ「DAM」にて配信開始された。
 
◆ライヴ映像はこちら(島村楽器「第2回 アコパラ全国大会」レポートページ)
島村楽器「第2回 アコパラ全国大会」

2018年5月12日(土) マスターの弾き語り〜さだナイト8

マスター

〈ギター弾き語り〉

 
1965年、岐阜県大垣市生まれ。13歳の時に出会ったビートルズに衝撃を受けギターを始める。14歳の時、同級生と組んだバンド「ローリー・ポップス」で初めてビートルズのカバー・ライヴを経験。その後、親友の美人のお姉さんの影響でビートルズに深入りしていく。一方で「かぐや姫」「風」「さだまさし」など日本のフォーク/ニューミュージック、原田真二、charなどの日本のロック、「レッド・ツェッペリン」「クィーン」などの英国系ロック、「ジャーニー」などのアメリカン・ロックなどを節操なく聴いて青春を過ごす。大学時代に「スターダスト★レビュー」に出会ってからは根本要さんに憧れて唄い続け、現在に至る。会社員時代にはレストランやイベントなどで弾き語りライヴを開催。現在は、自分の店「Uncle Jam」や近隣のお店、地元のイベントなどで唄わせて頂いています。

2018年5月19日(金) 豊田渉平 with 内藤大輔

豊田渉平

〈ギター/ヴォーカル〉

1985615日 静岡県生まれ。4歳の時に父の仕事により渡米。高校を卒業するまでオハイオ州コロンバス市で過ごす。一時帰国時に日本で聞いた、Jポップや日本のインストゥルメンタル音楽をきっかけに14歳よりアコースティックギターを弾き始める。2004年バークリー音楽大学へ入学。ギター学科でパフォーマンスを専攻し、John McGann, Tomo Fujita, Guy Van Duserなどの著名ギタリスト達からレッスンを受ける。Guy Van Duser氏にカントリーギターの原型、thumb-picking style(親指ピック奏法)を学ぶ。軽快なリズムを親指で保ちながら、その他の指でハーモニーやメロディを全て一人で奏でる事ができる、まるでバンドを演奏しているような奏法に魅了される。以後、カントリーをベースとし歌えるようなメロディーを奏でるギターを追求。大学を卒業後はライブ活動やレッスン、コンテストに参加。2012年より活動拠点を日本に!関西を中心にライブ活動を全国的に行う。フィンガーピッキングやカントリーだけではなく、シンガーとして、サポートギタリストジャンルの垣根なく日本全国で活動中。
豊田渉平さんのホームページはこちらです

内藤大輔

〈サックス〉

1978年11月生まれ。京都を拠点に関西に限らず各地のライブハウスを中心に活動しており様々な音楽家との全国ツアー、サポートにも参加。ジャンルにとらわれないOne And Onlyなサウンドを追求すべく日々音楽と向きあう。
2009年に1st Album「First cotact」、2014年に「setch insideS」をリリース。2016年10月よりスピリチュアルカウンセラーとしても活動。
内藤大輔さんのブログはこちら

豊田渉平さんの演奏動画をどうぞ!

2018年5月23日(水) マスターの弾き語り〜スタレビ★ナイト18

マスター

〈ギター弾き語り〉

 
1965年、岐阜県大垣市生まれ。13歳の時に出会ったビートルズに衝撃を受けギターを始める。14歳の時、同級生と組んだバンド「ローリー・ポップス」で初めてビートルズのカバー・ライヴを経験。その後、親友の美人のお姉さんの影響でビートルズに深入りしていく。一方で「かぐや姫」「風」「さだまさし」など日本のフォーク/ニューミュージック、原田真二、charなどの日本のロック、「レッド・ツェッペリン」「クィーン」などの英国系ロック、「ジャーニー」などのアメリカン・ロックなどを節操なく聴いて青春を過ごす。大学時代に「スターダスト★レビュー」に出会ってからは根本要さんに憧れて唄い続け、現在に至る。会社員時代にはレストランやイベントなどで弾き語りライヴを開催。現在は、自分の店「Uncle Jam」や近隣のお店、地元のイベントなどで唄わせて頂いています。

2018年6月3日(日) 脱力音楽研究会 大人の対バン vol.5

藤井ひろみ

〈ヴォーカル〉

幼少期から音楽に触れ、学生時代は吹奏楽部に所属。現在ジャズ・ボーカルを学び、関西のライブハウス、カフェ、バーなどで、ジャズ、ポップスを中心に歌っている。

渡辺祥子

〈ピアノ〉

大阪音楽大学 音楽学部 器楽学科 ピアノ科を卒業。ブライダルやパーティでの演奏と並行して、バイオリン、フルート、ボーカルなど様々な音楽家と演奏活動を行っている。長年、ピアノ講師として指導にも力を入れている。全日本ピアノ指導者協会会員。

[イベントホスト] 脱力音楽研究会

〈ウクレレ・ジャズ・トリオ〉

 ウクレレ、ギター、ベースという編成で、まったり、ゆったり、ジャズ・スタンダードやポップスを演奏する。どんな曲を演奏しても、ゆるーい"なごみ系"になってしまうところが強みでもあり、悩みでもある。2008年の9月ごろ、ヤマハのイベント「ウクレレ・ナウ」出場のため、さかがみともこと、さかがみきみひろが、ウクレレ・デュオとして結成。20093月には三木楽器・新響楽器主催の「Duet 2009」コンテストに出場し、新響楽器予選を通過してセミ・ファイナルに出場。相前後してベーシスト天王寺谷達将を加えて、毎月「岡本アリオリオ」のライブに飛び入り出演。8月には岡本サマーフェスティバルに出演し、買い物帰りのおばさんたちに好評を博す。その後、2010年から阪神間のカフェ、レストラン、ブティックで定期的なライブ活動を展開中。