豊田渉平_20180113_FB.jpg

アメリカのカントリー音楽で演奏されるフィンガーピッキング奏法のひとつ「ギャロッピング」。まるで馬が跳ねているように聴こえる軽快なギタースタイルで活躍中のギタリスト豊田渉平さん。意外なことにUncle Jamでは初めてとなるソロ・ライヴをお届けします。知らず知らずのうちに気持ちが跳ねてくる陽気なギター!!・・・だけじゃない、バラードも歌も多彩に聞かせてくれる《渉平たっぶり》なひとときをお楽しみ下さい♫

ご予約はこちら.pngご予約はこちら.png

出演者のご紹介

豊田渉平_2016.jpg豊田渉平(アコースティックギター)
1985年6月15日 静岡県生まれ。4歳の時に父の仕事により渡米。高校を卒業するまでオハイオ州コロンバス市で過ごす。一時帰国時に日本で聞いた、Jポップや日本のインストゥルメンタル音楽をきっかけに14歳よりアコースティックギターを弾き始める。2004年バークリー音楽大学へ入学。ギター学科でパフォーマンスを専攻し、John McGann, Tomo Fujita, Guy Van Duserなどの著名ギタリスト達からレッスンを受ける。Guy Van Duser氏にカントリーギターの原型、thumb-picking style(親指ピック奏法)を学ぶ。軽快なリズムを親指で保ちながら、その他の指でハーモニーやメロディを全て一人で奏でる事ができる、まるでバンドを演奏しているような奏法に魅了される。以後、カントリーをベースとし歌えるようなメロディーを奏でるギターを追求。大学を卒業後はライブ活動やレッスン、コンテストに参加。2012年より活動拠点を日本に!関西を中心にライブ活動を全国的に行う。フィンガーピッキングやカントリーだけではなく、シンガーとして、サポートギタリストジャンルの垣根なく日本全国で活動中。

LinkIcon豊田渉平さんのホームページはこちらです

豊田渉平さんの演奏動画をどうぞ♫

※出演者の掲載許可を頂き、豊田渉平さんに選んで頂いた動画です。