Vale-Todo_FB_20171118.jpg

Vale Todo(バレ・トード)とは「何でもあり」を意味するスペイン語。南米はアンデス地方の民族楽器「ケーナ」「サンポーニャ」を主旋律にフィーチャーし、同地方の民族音楽である「フォルクローレ」をベースにしつつも、それに囚われず、楽器固有の魅力をさらに模索するために結成されたユニット。ジャンルを超えた、まさに「何でもあり」のパフォーマンスをお楽しみください。

ご予約はこちら.pngご予約はこちら.png

出演者のご紹介_2.jpg

勝野勉_150×゙200.jpg勝野 勉(ケーナ、サンポーニャ、フルート)
大学在学中に南米アンデス音楽と出会いその豊かな表現力に魅了され、以降ケーナ、サンポーニャの演奏活動を行う。2007年、南米ボリビアへ渡航、現地のグルーポ「ムシカ・デ・マエストロ」に参加。主催者であるロランド・エンシーナスに師事。他にもサンポーニャをカルロス・ポンセに師事帰国後は独自のグルーポで演奏活動を行うほか、MAYAはじめ国内プログループでのサポート演奏を行ってきた。現在、西明石にて「かっつんのケーナ&サンポーニャ教室」を開講、受講者募集中


U_150×200.jpg"U" (アコースティク・ギター/鉄弦 ナイロン弦)
80年代の洋楽ブームの影響で16歳の頃よりエレキギター、音楽理論を独習にて学ぶ。音楽理論の中でも和声法、モード理論、またMIDIによる電子楽器制御、減算式シンセサイザーの音作りにも明るく演奏活動だけでなく作、編曲、音源製作まで活動の幅は広い.著作権フリー楽曲の録音参加や、テレビ、ラジオのCM音楽制作など商用録音にも多数参加。NHK大阪総合テレビ「くらしのチャンネル」1994~1995年度のテーマソングは氏の作品。


ライヴ情報_白.png