高尾典江_FB_20170728.jpg

照りつける太陽、青い海…エネルギッシュなイメージがいっぱいのブラジル。そんなブラジルの音楽に魅せられた歌姫、高尾典江さんと、日本ではとても珍しい「7弦ギター」奏者の山田やーそ裕さん。こんな素敵なデュオでお届けするサンバ・ナイトをお届けします!真夏の日本から、地球の反対側に思いを馳せて、最高のサンバ・ナイトをお楽しみ下さい!

ご予約はこちら.pngご予約はこちら.png

出演者のご紹介_2.jpg

高尾典江3_464×521.png高尾典江(ヴォーカル/ギター/たんたん)
兵庫県赤穂市生まれ。独学でJazzを学び、1992年より関西のライブハウス等でセッションに参加。1996年、ブラジル音楽に魅かれ初めてギターを手にし、翌年ブラジル5都市を遊学訪問。現在はオリジナル曲を製作しつつ、ボサノヴァ、サンバ、MPBなどブラジル音楽を演奏。関西・関東にてソロからバンドまで様々なスタイルでライブやイベントで活躍中。NHK神戸文化センターなどで講師としても活動している。

1998年 リーダーバンド「LUA」を結成
     ※高尾典江(vo.g)、倉さとこ(pf)、上西智子(fl)、荒玉哲郎(b)、星山哲也(ds)
1999年 LUA「眠れない夜」をリリース
2003年 LUAオリジナルアルバム「A Partida」を発売、好評を博す。
2004年 ピアニスト中島徹とのデュオ・ユニット「Sonho」を結成
2007年 アルバム「Sonho(夢)」をリリース。ボサノバのカバー曲に加え、日本語、ポルトガル語での独自の世界観を持つオリジナル曲が話題となりロングセラーを続けている。
2010年 Sonho「memoria」を発売、好評を博す。
2010年 女性5人でのリーダー・ユニット「cocorone」1stアルバム『Petala』を発売、絶賛発売中。
     ※高尾典江(vo.g)、生田幸子(p)、堀口和子(vln)、東ともみ(b)、太田ピカリ(ds)


14555683_1047657088680398_221330511_n.jpg山田やーそ裕(ブラジリアン7弦ギター)