カルロス_FB_20171005.jpg

南米各国からヨーロッパへと渡り歩いたカルロス・オルテガさん。母国アルゼンチンをはじめ、ブラジル、ペルー、メキシコ、キューバ、ベネズエラなど、ラテンの香りたっぷりの歌とギターを届けてくれます。聴くほどに気持ちが穏やかに昂る本場のラテン音楽をどうぞ!

ご予約はこちら.pngご予約はこちら.png

出演者のご紹介_2.jpg

カルロス・オルテガ3_フィルム風_825.PSDカルロス・オルテガ Carlos Ortega
アルゼンチン・サンタフェ生まれ。南米、ヨーロッパの国々でプロのギター弾き語り奏者として音楽の仕事をする。彼のボーカルはソフトでありながらも力強く、心を燻る彼のヴォーカル・ギタ-弾きはラテン音楽業界でもかなり定評がある。弾き語りのジャンルは、ボサノヴァ、アルゼンチンタンゴ、サンバ、ボレロ、バラード、ルンバ、ラテンに邦楽、洋楽と幅広い。作詞・作曲にも努める。

1991年初来日 関西、九州などでさまざまな活動。
2006年 ラテン・フォルク・バンド「プカソンコ」に加入し、ギター/ボーカルを担当。
2007年 CDリリース
2009年11月 自ら率いるトリオバンド結成
現在、大阪・芦屋・その他各地域で演奏、ギタ-・ヴォ-力ルの指導にも努める

LinkIconカルロス・オルテガさんのホームページはこちら